ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

プロジェクトBP

「バケツでプリンを作ってみたいんですよ」
と言い出したのは、ラブリー編集長である。

編集長は自分が小柄なせいか、大きい物に弱い。
そして乙女会のメンバーは、一番年下である彼女に弱い。
われわれ3人(Tねえさん、O女史、わたし)は、彼女の夢を叶えるべく立ち上がった。
名付けて、BPP(バケツプリンプロジェクト)。

まずはインターネットでレシピを探す。
編「市販のプリンミックスで10箱ぐらいですかねー」
10箱!?1箱で4個できるから、40個分だよ? そんなのむりむりむりむり!
編「バケツは3リットルでいいですかねー」
だからむりだってば!!
「え~、ダメですか~」と言うラブリー編集長を説得し、なんとか4箱で手を打ってもらう。
それでも16個分、4人で食べるからひとり4個の計算だ。
バケツは1.8リットルのお砂場バケツを100均で購入。
決行は5月23日。ネットリサーチによると5時間で固まるというので、集合は午前10時。
スーパーの開店と同時に買い物をして、11時過ぎに作り始める。

材料はプリンエル4箱、牛乳1.4リットル、生クリーム100ミリリットル。

鍋にプリンエルと牛乳、生クリームを入れ、かき混ぜながら中火にかける。
沸騰したら弱火にして、さらに2分ほどまぜまぜ。
あら熱をとってバケツに入れたら、プリンの中心にカラメルソースを注ぎこむ。
(カラメルソースは底に沈むのだ)
時間が限られているので、最初は氷で冷やし
ある程度固まってから冷蔵庫に入れることにした。

待ち時間にお昼ご飯を作って食べ、恒例の乙女な上映会をする。
全員が見ているのに、あれならもう一度見てもいいと言った「フライ、ダディ、フライ」。
改めて、色のきれいな映画だなあと思う。
岡田准一くんも神懸かり的にきれいだ。
わたしは「コネクテッド」の一部を上映してもらう。(ルイス・クー急上昇中、現在ナンバー2)

さて、乙女な上映が終わり、ついにその時がきた。
バケツを取り出し、おそるおそる表面をつついてみる。
「・・・いいんじゃない?」「・・・いいよね?」
「さあ、どうぞ」と編集長にバケツが手渡される。

緊張しながらひっくり返す編集長。
だが、プリンは型にくっついて、なかなか出てきてくれない。
バケツをたたいたり、押してみたり。
「がんばれー!」「もうちょっとよー」「もう1回いきんで!」
「あ、きたきた!きましたよ!」

とうとう1.8リットルのプリンが生まれ落ちた。
少しも型くずれせず、ぷるっぷるである。

で、でかい・・・。

a0011671_114374.jpg横にそえてあるのはココナッツサブレ。
記念撮影ののち、カレー用のスプーンでプリンを崩しにかかる。
おおっ、うまい!
なめらかタイプのプリンに似た味で、そんなに甘くない。
これなら全部いけるかも・・・と思ったのは最初のうち。
バケツプリンは手ごわく、半分以上お持ち帰りとなったのだった。

<完>

追記
食事中に、ラブリー編集長がうきうきと言った。
「この間、ネットでホットケーキタワーの写真を見たんですよ~」
Tねえさんとわたしは思わず顔を見合わせた。
もしや、次なるプロジェクトは・・・いやいや、それはない!ないです!
[PR]
Commented by ビール党 at 2010-06-09 09:26 x
でかいプリン・・・素敵です!!!
Commented by hasumi-kuno at 2010-06-13 00:48
おお!プリンマニアのビール党ちゃん!
なかなか感動的でしたよ。
お友達がきたときに試してみて♪
by hasumi-kuno | 2010-06-02 01:23 | 日記 | Comments(2)