ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

大晦日

鹿児島の郷土料理「とんこつ」もつくったし
自分用の野菜スープもできたし
年賀状も年内に出せた。
短歌のことがいろいろたまっているけれど
年末は家庭優先ということですみません。
(あいかわらず自分に甘い)

ところで、今年の個人的なトピックスは
角川短歌賞の予選を通過したことでした。
小島ゆかり先生の1票のおかげで
選考会で批評もしていただきました。
受賞じゃないので微妙なめでたさではありますが
わがことのように喜んでくれる人たちがいるということが
とてもうれしかったです。

もう10年近く経つのに
短歌のこと、なにもわかってないです。
よくわからないけど、やっぱり来年も詠い続けます。
どうぞよろしくお願いします。

その壺にわたしの入る余地はなくなんとすがすがしい冬の空/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-12-31 23:22 | 日記 | Comments(0)