ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

11月4日 いのこ

今日は「いのこ」の日。
暗くなると、子どもたちはワラを束ねて作った棒を持ち、町内の家を一軒一軒まわる。
玄関先に輪になってしゃがみ、棒で地面を叩きながら元気いっぱいいのこ歌を歌う。
家の人は、繁栄を願う歌のお礼に500円~1000円程度のご祝儀をわたす。
ご祝儀は6年生が集め、その日まわった子どもたちのご褒美を引いたあと
残りは子ども会の運営費にあてられる。
子どもたちにとっても悪くない行事だが、いまではすっかり珍しくなってしまった。
私自身子どものころにいのこを歌った経験はない。
地域によっては、ワラでくくった石で地面をつくところもあるそうだが
コンクリートで固められた敷地では困ることだろう。

帰宅すると、次男はご褒美をにぎりしめたまま眠っていた。
700円。去年より100円アップした。
[PR]
Commented by ぱぐ at 2004-11-07 22:53 x
いのこもち、という言葉を聞いたことがあって、ニッコク(日本国語大辞典)で調べてみました。
旧暦十月の亥の日の亥の刻(午後九時から十一時くらい)に、その年に新しく採れた穀物で作ったお餅を食べるという行事があって、そのお餅のことです。虎屋でたしか展示しているのを見たような気がする。

子どもたちの行事は「亥子突(いのこづき)」、縄は「亥子縄」と言うそうです。
Commented by hasumi-kuno at 2004-11-09 22:45
そうそう、いのこは亥子、子どもたちが家を回るのは亥の日です。
でも、亥子もちというのははじめて知りました。
やはり農作業と切り離せない行事ですねえ。
Commented by 風花 at 2004-11-17 15:20 x
はじめまして、風花と申します。
未来の新米会員で道浦先生に選を受けています。
以前から未来リンクより訪問し、拝見させていただいていました。
(愛媛(松山)の話題が時々出てくるので懐かしくて)
今は埼玉に住んでいますが、実家は宇和島です。
詳しくは、宇和島の隣のM町ですけど・・・
お亥の子さん、小さい頃を思い出しました。
松山もワラの棒を使うのですね、実家のあたりは同じですが、近くの町では大きな石をワラ紐で縛ったものを使うところもあります。
石用のお座布団も必需品だそうです。
ちなみに、少子化により実家あたりではご褒美の高額化が進み問題となっているとのこと。

突然の書き込みお許し下さい。
Commented by hasumi-kuno at 2004-11-17 23:01
風花さん、いらっしゃいませ。
いのこの書きこみありがとうございます。
石用のお座布団っていいなあ。見てみたいです。
そうですか、宇和島のほうですか。
時々は帰っていらっしゃるんですか?
帰省のときは、よかったらお声をかけてくださいね!
今後ともよろしくお願いします。
Commented by 風花 at 2004-11-18 12:27 x
こちらこそ、いろいろ教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。
最近は体調も悪く帰っていないんです。
帰りたいのですが・・・暖かくなってからかしら。
石の座布団、地面を傷めないために石の下に敷き、そこでお亥の子をするそうです。
もし宜しければ、当方にも遊びに来てくださいね。
お恥ずかしいサイトですが・・・
by hasumi-kuno | 2004-11-07 12:15 | 日記 | Comments(5)