ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

土佐赤岡絵金祭り

土佐赤岡絵金祭りに行ってきました。
http://ekingura.com/modules/ekin3/index.php?id=3

絵金とは
江戸時代末期、土佐藩の御用絵師でありながら
贋作疑惑により追放され
10年の放浪ののち、赤岡の町絵師となり
芝居絵屏風を残した、弘瀬金蔵のこと。

まず、絵金蔵(絵金のミュージアム)をひととおり見学(複製展示)。
酒蔵をアトリエにしていたという絵金。
大男だったそうな。
17時から、絵金蔵のむかいの弁天座で絵金歌舞伎を観る。
毎年祭りの日に、絵金が屏風に描いた演目を上演しているという。
今年は「浄瑠璃式三番叟」「葛の葉子別れ」「義経千本桜 道行の段」。
廻り舞台あり、すっぽんあり。
弁天座の立派さに驚き、地元歌舞伎の楽しさを満喫した。
素人目(耳)にも、義太夫がことにすばらしかった。

芝居が終わって、通りへ。
商店街の軒先に飾られた芝居絵(本物です)の前にろうそくの火がゆれる。
カッと見開いた目、苦悩の表情、血の赤に魅了される。

現代のアーティストによる屏風絵の「えくらべ」も楽しく。
(ビー玉で投票するのです)

ジグザグに提灯がつるされた赤岡の通りはたいそう風情がありました。
たとえば、道頓堀あたりで道ならぬ恋におちたふたりが
ひっそりと暮らしていそうな。

「土佐赤岡絵金心中」とか(わ、殺してしもた)

雑貨屋さんを見ていたら
ばらばらと、アンティークボタンがこぼれる音。
「あ~あ、まけたねえ(ばらまいちゃったね)」
浴衣のおねえさんの、土佐なまり。

もう祭りも終わるというころ、
高知のライターさん&カメラマンさんと遭遇。
本当はお酒でも飲んでゆっくり一泊したかったけれど。

とん平焼き(からしがきいて美味)を焼いてたおばちゃんたち
浴衣のお嬢さんたち
かわいい子役たち(とくに脚絆がぬげちゃったおちびさん)
雑貨屋の(坊主頭に葉っぱをのせた)キュートなおんちゃん。

みんなみんなありがとう。
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-07-25 01:40 | 日記