ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

1月25日 タブー

爪が伸びていて、とても気になる。
週末に切っておけばよかった。
迷信だとわかっていても、夜は爪を切らない。

いつだったか、夜、爪を切ろうとしたら
父がふっと暗い顔になった。
(そうだ、親の死に目に会えないといわれているんだ・・・)
父は何も言わなかったけれど
それ以来、父が見ていようがいまいが
わたしは夜、爪を切らない。
[PR]
Commented by 太一郎 at 2005-01-27 15:06 x
夜中に爪を切ってはいけないとぉ~
という歌詞で始まる郷ひろみの歌がありましたな…。
たしか「ムー」かなんかの主題歌のB面だったような。

夜中に爪を切ってはいけないというのは
親の死に目にあえない=親が死ぬときそこにいることが出来ない
という直接の意味ではなく、
薄暗い夜に爪を切るような注意力のいる作業をするなんて
なんと無用心なヤツだ、そんなヤツはいずれその不注意から
若死にして、親より先に死んでしまうだろう、だから親の死に目に
あえないんだよん、という意味なんだそうで…。

まあ、どっちにしても一緒っちゃぁ一緒よね。
Commented by hasumi-kuno at 2005-01-27 22:19
あ~、なるほど、ちゃんとつながるわけね。さすが、太一郎くん。

>夜中に爪を切ってはいけないとぉ~
そういえば、なんかそんなのあったねえ。
「ムー」って、今思うとすごいタイトル(笑)
Commented at 2005-01-29 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2005-01-29 00:02 x
あ・・すみません。
非公開のチェックをいれちゃったらしい。
うぇ〜〜〜〜ん。
Commented by at 2005-01-30 15:02 x
なるほどぉ、一理有りですね。
わたしが聞いたのは、
やっぱり昔、夜が暗かった頃、
切り取られた爪を全部回収できないくて、
誰かが踏んだりしたら痛いから、
というものでした。

ピアニストはしょっちゅう、爪を切ってる生き物なんですけど、
わたしはお風呂上がり(大抵は夜ね)に切ります。
ピアノを弾く直前に切ると、
もしかして深爪したときなんかにバイ菌が入るから、
清潔なお風呂上がりに、って、ピアノの先生に躾られました。

で、その際ですね、
親の死に目に合えないと困るので、
「これから切るのは犬の爪、猫の爪」と、唱えよ、とも教わりました。
先生はそれでご両親の死に目に合えたそうで、
わたしもお陰様で合えましたので、
デッシーたちにもその躾をしています。
このおまじない、効きます。
Commented by hasumi-kuno at 2005-01-30 15:05
>京さん
ためになるコメントなので公開させていただきました。(^^)
by hasumi-kuno | 2005-01-26 21:57 | 日記 | Comments(6)