ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

2月1日 お江戸でござる

歌会の夜から、ひどく寒い。
朝、編集長が「静かだね」と言う。
明るい人がいなくなって、さびしくなった。
昼休みには、みんな空席に向って話しかけているのだった。

夜、市民劇場の例会。
前進座の「髪結新三」。
蕎麦屋とか魚屋とか籠屋とか
江戸情緒がたっぷり楽しめる演目だ。
しかし、黙阿弥の流れるようなせりふまわしが心地良すぎて
もったいないと思いながらも眠くて眠くて・・・。
中村梅雀は声も姿も父親そっくり。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-05 10:26 | 日記 | Comments(0)