ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

劇団ステッキ×サラダボール「隣にいても一人 松山編」

11月のシアターねこは、週末のたびに公演が入っているという盛況ぶり。
なのになんだかんだで見られず、昨日ようやく1本見ることができた。

松山の劇団ステッキと香川のサラダボールが組んで
松山と香川で公演を行うという企画。

劇団ステッキ
http://stick-theatre.main.jp/

ねこの事務所(←この言い方かわいい)に寄るため、早めにでかけたのが大正解。
「おいしいコーヒーがありますよ」と言われて入ってみると、ふだんはリハーサル室として使用されている部屋に、高校の文化祭みたいな出店が三つ。
そのラインナップが、ツボ。

惣菜工房やの家のおにぎり(五穀米?)とおみそ汁
http://www.dcity-ehime.com/syousai/main.asp?P_SNO=A0006784 自家焙煎セラヴィのコーヒー
http://www7a.biglobe.ne.jp/~noi/seravi/seravi.htm
GIVの焼き菓子
http://www.homemadecakegiv.com/

さっそくおにぎりとおみそ汁を食べ、食後にコーヒーをいただく。
こういうの、いいなあ。次回もぜひやっていただきたい。

さて、肝心の芝居のほうはどうかというと、たいへん面白かった。そして、山本称子さんは本当にうまい。この人の芝居を見るだけでも充分価値があると思うほど、すっかりファン。
一つだけ残念だったのは、客席だなあ。もっとみんな笑おうよ。ひとり大声で笑うのも気が引けて苦しくてしかたなかったよ。

平田オリザブームの頃はすでに芝居から遠ざかっていたため、実は今回初めてオリザ作品を経験した。この不条理は好きな感じ。竹内銃一郎的香りもして(危険な雰囲気はないけれど)。松山編なので方言での上演。この芝居はあちこちで、その土地の言葉で上演されているようだ。

「目が覚めたら夫婦だった」
ってカフカじゃないんだから、と笑ってしまう不条理劇。
でも・・・じゃあ、夫婦ってなに? 

11月25日(日)まで、シアターねこ、27日、28日は四国学院大学ノトスタジオで上演。
おすすめの1本です。
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-11-24 12:03 | 映画・演劇