ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

4月18日 俳句

BS列島縦断俳句スペシャルの日。
一応投稿したが、日曜参観で放送はほとんど見ていない。
(ビデオはずいぶん前からこわれたままだ)
俳句のことはよくわからないが「大きな句」に惹かれる。
あるいは、内側に深く切りこむ句。

「遊子」9号に中塚涼二という人が
「父」という題で俳句15句を寄せている。


父上も春のコートを脱ぎたまふ/中塚涼二
河豚ばかり釣れて今年の春の海
和ろうそく好むいもうと 我は兄


「あ、好き」と思った。
懐古趣味ともいえる光景の中に危うさが潜む。
押さえこまれた情感は襖のすきまから漏れる灯りのようだ。
覗いてはいけないと思いながら覗く家族の秘密。

その後、中塚涼二の正体を知って驚くのだが
それはまたいずれ。
[PR]
by hasumi-kuno | 2004-04-19 00:01 | 日記 | Comments(0)