ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

4月23日 松山歌会とプリン

またしても、あざとい、いやらしいとの評をいただく。
(今回はそう言う光一郎さんのほうがもっとあざといと思うのだが)
あざといのはわかってやってるところもあるので、まあしょうがない。
でも、ストレートな歌をストレートに受け取れないのはいかんなぁと反省する。
未来誌上で岡井先生から「松山バンド」と命名されたわたしたち。
場から生まれる勢いを大事にしたい。
松山バンドのひとり、杉田加代子さんは広島県(竹原)の方だ。
今日はBS短歌スペシャルに投稿してから松山までいらしたという。
わたしはすっかり忘れていた。情けない。

お先に失礼して、前々から約束していた別の集まりに向う。
ひとしきり盛り上がったあと「お茶でも」と入った店で
ビール党ちゃんがプリンについて熱く語りはじめた。
プリン好きがこうじてネットでいろいろ調べたらしい。
「とにかくプリンはすごいんですっ!」
「よし、ケーキはやめてプリンにしよう!」
注文し、わくわくして待っているとウェイトレスさんが来て言った。
「すみません、プリンが売りきれてしまって・・・」
わくわくしたり、がっかりしたり、そのひとつひとつがとても楽しい。

歌会に出した歌。(吾という一人称を初めて使いました)

墨色の夜のおわりに耀よえば吾は駅なり春の駅なり/久野はすみ
[PR]
Commented by 渡部光一郎 at 2005-04-30 22:43 x
今回、私は一番誉めたような気がするんですが・・・
専務ですよ、けっこうキビシしかったのは。確か。(笑)
あのあとけっこう呑んだんですよ。もちろん専務御用達
の店で。
Commented by hasumi-kuno at 2005-05-01 16:02
え~~~。「耀よえば」がいやらしいって言ったじやないですか(笑)
まあ、キビシイのはありがたいので、どんどん言ってください。
次回は最後までつきあいます!
by hasumi-kuno | 2005-04-30 01:01 | 日記 | Comments(2)