ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

7月9日 松山歌会の日

パタパタとやるべきことをやり、それでもできなかったことを思いつつ
午後3時より松山歌会。
一番いいと思った歌はわたししかとってなくて
最高得票歌はわたし以外全員がとっていた。ううむ。
歌会のあとは、文語文法や資延さんの歌集のことなど話す。

資延英樹さんの歌集『抒情装置』は6月の終わりに届いた。
右からも左からも出し入れできる筒状のケースに
フランス装の美しい本が収まっていた。

世界からわたしを消すならそれはそれ世界のひとつのあり方である
出土したときは割れてはゐなかつたとても勿体ないことをした
その日から着地決まらずにつぽんは痛いところをつかれましたな
マーラーもきつと此処から想念の布をゆつくりひろげていつた
はじめからノブがとれてたはずはないでももしこれがドアでなければ
*資延英樹歌集『抒情装置』より*
   
ニヒルとは少し違う。ねじれている。
いや、ねじれているのは世界のほうで
資延さんは認識力が優れているばっかりにそれが見えてしまうのだろう。
常識をひっくり返されて、感心したり笑ったり。
文語旧仮名の冷静な語り口がなんともいえず可笑しい。
苦渋や怒りも見られるが、激しくはない。
著者は1957年生まれ。
激しい怒りが通りすぎた後の、まだしらけきる前の世代。
(2首目のような歌の魅力は、うまく説明できない・・・)

角田純さんの歌集『海境(うなさか)』を見せていただく。
表紙と目次だけ見て歌集を閉じた。
出版社から送られてきてから、じっくり味わいたい。

それにつけても、ああ、文語文法。
[PR]
Commented by みんなのプロフィール at 2005-07-11 05:07 x
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82%D8%82%F1%82%D8%82%F1%91%90%93%FA%8BL&address=http%3A%2F%2Fhasumi%2Eexblog%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
Commented by at 2005-07-11 16:49 x
資延英樹歌集『抒情装置』すごくおもしろいね。
ひさしぶりに未知の人の歌をいいと思った。
Commented by hasumi-kuno at 2005-07-12 23:31
祥さん、コメントありがとうございます。
おもしろいですよね、ほんとに。
興味を持たれた方は、砂子屋書房へ。http://www2.ocn.ne.jp/~sunagoya/
Commented by ナミキナツヤ@三十にして就活中 at 2005-07-14 18:13 x
 久野さん、どうも。なみきですー。
 やっと、歌稿を出し終えて、一息ついているところです。

 あの、突然で申し訳ないのですが、さいきんはやりの「~バトン」、お願いできますか?
 今回は「短歌バトン」だそうです。

http://www.enpitu.ne.jp/usr7/71418/diary.html

 こんな具合に。あ、もちろんスルーされてもまったく構いませんよ。
 「三首選ぶ」とか、けっこう難しかったです。

 そうそう、先日、角田さんから歌集を頂きましたよ。おもしろかったです。渡部さんとのセッションとか、微妙な合致とズレを読んでいて、楽しめました。松山歌会の皆様に、よろしくお伝えください。
Commented by hasumi-kuno at 2005-07-15 21:18
まなみちゃん、どうも。
このバトンはむずかしいですねー。
明日は大阪日帰りなので、帰ってからゆっくり考えますね。
Commented by コンドルのジョー at 2005-07-16 04:37 x
おひさしぶり、はすみさん。お元気っすか~?
資延さんの一首、僕にはとても新鮮で奥ゆかしい世界です。
歌は、音も絵もないから、言葉が裸だから、とてもシンプルに心に入ってきて、でも奥深いから、染み渡っていく。なんか僕にはそんな世界に感じられます。また、おじゃましますね☆
Commented by hasumi-kuno at 2005-07-17 11:00
ジョー、感想ありがとう!
ジョーは変な垣根を作らずにすっと受けとめてくれてくれるんだよね~。
若い人が新鮮に感じてくれるのはうれしいです♪
by hasumi-kuno | 2005-07-11 05:05 | 日記 | Comments(7)