ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

4月29日 ふってくるもの

たぶん「欲」だけではないのだろう。
みんな自分のしたことを認めて欲しいのだ。だけど。
叔母よ。生きてる人たちの思惑を
どんな気持ちで眺めていますか。

夜、「作者が語る少女マンガの世界・萩尾望都」を見る。
わたしは彼女を2度、実際に見ている。
1度はサイン会。
2度目は劇団時代にアルバイトしていた下北沢の居酒屋で。
「あ、萩尾望都」と思った瞬間、一気に脈拍が上がった。
どきどきどきどき。
「小皿をいただいていいですか?」
「え?」
「あの、小皿・・・」
「は、はい!」
カタカタふるえながら小皿を渡したっけ。

 この物語がふってきたことを感謝しています

憧れの人は静かに語っていた。
[PR]
Commented by 木更津啓 at 2004-05-15 01:46 x
こんにちは。初めて書き込みします。いつもあちらこちらでご一緒できて、嬉しいです。
萩尾望都、私は、多分写真でしか見たことなかったと思うのですが、オーラが強そうな人ですね。
引越し先に1冊は持って来ようと思ったのに、結局ばたばたして、置き去りに。残念。
Commented by hasumi-kuno at 2004-05-16 06:21
うわあ、いらっしゃい。
こちらこそ、また木更津さんとネットでお話できてうれしいです。
萩尾望都、夢中になって読みふけった時期がありました。
オーラは、そうですね、とても静かなオーラだったように思います。
by hasumi-kuno | 2004-04-30 02:28 | 日記 | Comments(2)