ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

11月15日 「竜馬の妻とその夫と愛人」

松山市民劇場例会「竜馬の妻とその夫と愛人」。
劇団ボードビルショー公演、作・三谷幸喜ときたら面白いに決まってる。
そのうえ平田満が客演!!やっほー!

やっぱり、面白かった。
ボードビルは、バカバカしいことを体を張ってやってくれる劇団だ。
ちょっとやりすぎ?と思っても、本がしっかりしてるから崩れない。
この作品は、木梨憲武、中井貴一、鈴木京香、江口洋介という
豪華キャストで映画化されている。
「映画版を見るなら芝居を見てからにして」と
事務局の人が言っていた理由が、最後の最後にわかった。
やられたー。そうきますか!!
思い返せばあれもこれも複線だ・・・。
でもねえ、面白すぎてオチにまで気が回らないのですよ、ホント。
いいミステリーに気持ちよくだまされたときの感じ。

それにしても平田さん、今おいくつなんだろう。
体の切れがよくて、とても若々しい。
役者さんの身体はすごいです。
※調べたら52歳でした。やっぱすごい。
[PR]
Commented by 木更津啓 at 2005-11-24 01:37 x
こんばんは。
映画の方を観ました。舞台もきっと面白いでしょうね。
大阪は、よく行っていた劇場たちがいくつも、私が留守の間に閉まってしまい、とても淋しいのです。
年明けて、2月にNODA・MAPへ行くのが久しぶりのお芝居になりそうです。
Commented by hasumi-kuno at 2005-11-25 06:20
映画、見てなくて良かったです(笑)
三谷さんの本は意外性があるので、
どうしても初見のときがいちばん面白くて、感動も大きいんですよね~。
「笑の大学」は最初がラジオドラマで、笑い泣き状態でした。
「12人の優しい日本人」は舞台だな~。相島さんが良かった。
NODA・MAP、いいですね!レビュー楽しみにしてます
by hasumi-kuno | 2005-11-23 03:43 | 日記 | Comments(2)