ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

5月23日 「いい趣味をお持ちで」

ほめたつもりなのだ。
友人の出演する演奏会を聴いた後、その人は
「年をとってもできる趣味っていいわね」と言った。
「年をとって」いたのは友人の師で、音大の教授。
友人はフクザツな顔をしていた。

「すごいね。あんなにたくさんのセリフをよく覚えられるね」
これは、芝居の感想としてよくあるパターン。
言われた役者は「それだけかい!」と突っ込みたくなる。

プロとして認知されてないということ。

短歌を「趣味」と言われると、違うと思う。
では「プロ」かと言われると、そうとも言えず。
結局は自分自身と向き合うことになる。
[PR]
by hasumi-kuno | 2004-05-23 12:53 | 日記