ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

6月20日 ウェブ日記

だれにでも裸体をさらすマネキンのやうな日記をまた読みに行く/近藤かすみ

題詠マラソン2004より。
作り物のつるんとした裸体は悲しい。

ウェブには
読み手を意識したひとつの作品といえる日記もあれば
情報として役立つ日々の記録もあり
赤裸々な告白もある。

これはうその日記です。
ほんとうのことは、うたに。
[PR]
Commented by 風間 祥 at 2004-06-21 07:48 x
本当のことは隠そうとしても出てくるものだし、嘘や虚構の中にも真実は見えてしまうものですよね。
何を書いていたって、その人は表れてしまうものだから。

日記を書くということにもいろいろな書き方、スタンスがあって面白いですね。
書いてみてはじめてわかる面白さつまらなさもあってね。
Commented by hasumi-kuno at 2004-06-22 22:24
本当のことを書こうとしてもうそになるし
虚構の世界を書こうとすると本当のことが透けて見える。
ふしぎですね。
Commented at 2004-06-29 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hasumi-kuno at 2004-06-30 07:28
かすみねえさん、いらっしゃいませ。この歌は他でも話題になってましたね。この比喩は秀逸だと思います。
by hasumi-kuno | 2004-06-20 23:34 | 日記 | Comments(4)