ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

6月21日 アカプルコ

「わたしたちの教科書」も残すところあと一話。
毎回、「そこで終わるかーーー?!」というところで
一瞬、画面が真っ暗になって、
絶妙の間合いでエンディングテーマが入る。
来週はすべての謎がとける!
でも楽しみがなくなっちゃう・・・。

いままででいちばん好きなせりふは
陰湿ないじめにあって転校していくポーちゃんという少女が、
いじめに気づいてくれなかった先生に言ったもの。
磨りガラスの向こうにいるポーちゃんの顔は見えない。

 むかし読んだ絵本の主人公は
 アカプルコに転校していきました。
 わたしも転校するときは
 絶対そういうのがいいって思ってたけど
 現実は電車で一本の隣り町。
 それだけが残念でなりません。
 さよなら、先生。


「それだけが残念でなりません」
うわーん。
[PR]
Commented by ひとみ@山形 at 2007-06-24 20:13 x
カンちゃん、おひさしぶり~。
ワタシもはまってるよ「・・・の教科書」
久しぶりに見ごたえのあるドラマで、ずんずん展開にひきこまれていく。。
カンちゃん、さすが演出部!!アカプルコですか。。いいよねぇ。カジ先生に再会して「まだ続けてたんだ・・・」って言いたいってとこも好きだなぁ。まぁ、副校長の心の歴史とか、もちろん結末も楽しみだね!!
そうそう今日、もと300のあのお方が・・講演で山形入りしてるはずよ。
じゃ、ね。
Commented by hasumi-kuno at 2007-06-24 23:59
おーーー、ひとみちゃん、おひさしぶり!
がんばってますか?
おもしろいよねー、あのドラマ。役者さんたちもやりがいがあると思うなぁ。

>そうそう今日、もと300のあのお方が・・講演で山形入りしてるはずよ。
>じゃ、ね。

それはジュリーファンのあのお方ですね!
あの劇団のお手伝いしたときはみんな仲良くしてくれて、ホント楽しかったです。懐かしいなあ。
by hasumi-kuno | 2007-06-22 22:41 | 日記 | Comments(2)