ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

ひとめ逢いたくて(東京記1)

昨日は朝一番の飛行機で未来大会のため上京。
いつもならホテルに荷物をあずけてすぐ会場にむかうのだが
今回はどうしても逢いたい人がいた。

それは、オフィーリア。

ジョン・エヴァレット・ミレイ展の目玉として来日中のオフィーリアに
ひとめ逢いたくて、ホテルにもよらずbunkamuraへ。

わたしもやきがまわったもんだ。
渋谷なんて庭だと思っていたのに、あっさり道に迷う。
思えばコクーンに1ヶ月通ったのもはるか昔のこと。
道玄坂のホテル街を横切り、汗と冷や汗をかいて到着。

時間もないので、真っ先にオフィーリアの前へ。
恍惚の表情で水に浮かぶ乙女を
うっとりと眺めていたら、肩を叩かれてびっくり。
杉田さんがいる。
前の晩にオフィーリアの話はしていたのだが
雨で飛行機が遅れるかもしれないから
あきらめるとおっしゃっていたのだ。
しかも杉田さんはシャトルバスを使って余裕で到着していた(泣)

杉田さんの娘さん推薦のお店でお昼をすませて会場へ。
美しいものを眺め、おいしいものをいただいて
充実の半日でありました。 (つづく)

旧作ですが、オフィーリアの歌。

ある朝はとおくあなたを呼ぶだろうすみれひなげし野ばら浮かべて/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-08-31 23:58 | 日記 | Comments(0)