ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

雨乞い歌会

昨日は松山歌会の日。

松山は雨が少ない。
夏になると毎年のように渇水のニュースが流れる。
それなのになぜか松山歌会の日はよく雨が降る。
未来松山大会の日は大型台風がきた。
だれかいるんだろうな、きっと。

昨日は雨ではなかったけれど渇水を心配して、お題は「雨」。
表記自由、漢字に雨が含まれるのもOKというゆるめの題詠である。

非常に点々の多い詠草集を眺めていると
ある歌に「雷」「電」「雨」と三つも雨の文字が!
「だれよりもたくさん雨を入れようと思ったのかな」
とつぶやくと、光一郎さんに
「票は入らなかったけど、雨の数ではトップ、
とかいって喜ぶのは久野さんだけですよ」
と言われてしまう(ギクリ)

謎のクラウンの登場に、道化か王冠か
はたまた車か(それはない)と諸説とびだしたり
さらに謎めくホサノバの歌があったり。(ボサノバ??)
この歌だけ乾いてるとか、この歌はいちばん水量が多いとか
なんか違う方向の批評多し。
トップは繊細な相聞を出してきた光一郎さん。
次点は枕詞をたくみに取り入れた杉田さんの歌と
「格好いいです、以上」としか言えない角田専務の歌。

クラウン(これは車)で帰る杉田さんと
最多雨賞の秋川さんを見送って
定番となりつつある象三(ぞうさん)で食事。
光一郎さんと米ちゃんの兄妹げんかに挟まれて
困っているシキちゃんを、城川郷を飲みつつ眺める。

わたしの歌はある意味予想通りの1票。
でも雨の数では秋川さんと同点トップだと思うんだけど
ひとつ隠れてるからだめですか。

春雨スープ 雲呑スープ 夜の厨房にことだまをとりだす/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-09-28 14:49 | 日記