ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

だれのお母さん?

月曜日は中学の参観日だった。
帰りに、隣にある小学校の学童保育に寄った。
敷地に入るなり、縄跳びをしていた女の子に
「だれのお母さん?」ときかれる。
とっくに卒業しているわが子の名前を言ってもわからないから
「だれのお母さんでもないよ」と答えて中へ。
すると、いい匂いが・・・えっ? ポップコーン屋さん?!
わが地区の名物男Sさんがポップコーンの機械を持ち込んで
こどもたちに配っている。
「はい、○○(←本名の下の名前)ちゃんもお食べ」と
できたてのあたたかいポップコーンの箱を渡された。
「おじちゃん、ありがとう」と受け取る。

帰りにまた同じ女の子が声をかけてきた。
「ねえ、だれなん?」
「えーと、ミヤのともだち」
ミヤは学童保育の責任者・M先生のこと。
親でも学校の先生でもない大人を
こどもたちは愛情をこめてあだ名で呼ぶのだ。
「ああ、ミヤの」
女の子は納得して縄跳びの仲間の中に戻っていった。

まだぬくきポップコーンの箱の底はじけそこねし一粒のあり/はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-02-21 09:29 | 日記 | Comments(0)