ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

紡ぎ歌

21日は次男のピアノの発表会だった。
昨日、次男に曲のタイトルを尋ねたら
「えー、知らん」と言う。
このぬる~い感じ、演奏も推して知るべし(汗)

本番中のこどもたちの表情を見ていると
習い事って技術を教わるだけじゃないんだと
いまさらながら実感する。
目標を持つこと 、それに向かって努力すること
そして成果を人前で披露すること。
うまくいって誉められても 、失敗して悔しい思いをしても
すべて貴重な経験なのだ。

次男が弾いたのはSpinnerlied(紡ぎ歌)。
春らしい軽快な曲だ。
彼にとっては最後の発表会。
先生、長い間ありがとうございました。

イレギュラーな仕事が終わり、ふだんの仕事に戻ったが
すべてが10日ほど遅れて進行しているため
しばらくバタバタしそう。
4月の終わりにはひさしぶりに大阪へ行く予定。
それを楽しみにがんばるつもり。

沈丁花かおるがごとき不意打ちの恋にはあらでフーテンの猫/はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-03-28 16:57 | 日記 | Comments(0)