ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

踊る女みこし連(先週日記2)

先週日記の続き。
ようやく食事にありついたころ、もう一人の友人Tくんが合流。
彼も、最近、短歌や俳句を作っている。
高校時代のこと、アマチュア劇団のことなどを思い出して
何がそんなに可笑しかったんだろう、というぐらい笑った。
お互いの過去の時間の中に、知ってる部分と知らない部分があって
輪が重なったところに芝居があった。
今は短歌・・・なのかな。でも、なぜ短歌なんだろう。

木曜日は松山まつりの本番。仕事はお休みをもらっていた。
午後4時に踊りの助っ人ふたりを車にのせて、公民館へ。
(またしても車中に流れる金城武の歌声・・・)
公民館でメイクをしたり、踊りのおさらいをしたり、軽くおにぎりを食べたり。
6時半に、女みこしの5つのチームがマイクロバスに分乗して出発した。

わたしはハンドルを握っても人格は変わらないが、祭りのハッピを着ると人格が変わる。
声も大きくなるし、たぶん歩き方なんかも違う。
助っ人で参加してくれた会社の友だちは、びっくりして、御輿仲間の子に
「○○さんって、いつもこんな感じなんですか?」ときいたそうだ。
その子は「さあ、わたしはこんな感じしか知らないんで」と言ったらしい(苦笑)

わたしたちの連のスタートは8時前だった。市街地を踊りながら練り歩く。
5チームそれぞれの祭りスタイルで決めた、総勢80人を越える連である。
初出場だし、途中で何度か御輿もかついだので、それなりに注目されていたようだ。
踊りながら、ん?なんかちょっと楽しいぞ、と思う。
小さいころからものすご~く苦手だった踊りが
この年になって楽しいと思えるなんて、人生っておもしろい。
(踊りといっても難しいものじゃなく、ふつうの盆踊り程度のものなのだが)

終わった後、ラブリー編集長からメールがきていた。
「見ましたよ! 手を振ったのに、○○さん、ノリノリで気付いてくれなかった」
ノリノリに見えたのなら、いいか。
本当は緊張で、まあまあいっぱいいっぱいだったのだけど。
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-08-20 06:01 | 日記 | Comments(0)