ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

8月22日 寒い一日

高速バスに乗って高松へ芝居を見に行く。
ゆいきょうじ作・演出の一人芝居「おとこ、をんな」。
バスの中は寒かった。

劇場から出てきた「師匠」こと、ゆいきょうじは、
半纏、足袋、雪駄という完璧な裏方スタイル。
「演出家の格好じゃないですよ、それ」
「だからさあ、なんでもやらなくちゃいけないんだよ」
その格好でFRESHNESS BURGERに行くんですか、師匠。

「九十九は百ではない」
雪の中に立ち枯れる九十九本の芍薬の苗。
それにしても、劇場は寒かった。

終演後、芍薬の花を舞台から引き抜く作業を手伝う。
本当に99本あったとあとで聞かされた。
芝居について言いたいことは全部師匠に言って帰宅。
バスの中はまたしても寒かった。
[PR]
by hasumi-kuno | 2004-08-23 21:22 | 日記