ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

カテゴリ:短歌( 17 )

短歌の超短編

短歌の超短編という企画に応募しました。
石川美南さんの短歌から発想して500文字以内の超短編を書くというもの。
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2015/09/post-071d.html

入賞できませんでしたが
初めて書いた小説らしきものなので、記念にここに。
調子に乗って三つも書いてしまいました。

********

■美術館館長Tが遺したる小さな鍵についての話/石川美南

春の庭

 最後にTが私のもとを訪れてから、もう十五年経つ。肌の艶はやや衰えたが、Tが愛したなめらかな曲線は昔のままだ。実直さだけが取り柄のTは小さな美術館に勤め、やがて館長になった。実際は倉庫番のようなものだったが。
 鍵穴からわずかな風が吹き込み、首すじを冷やす。あの庭の薔薇も枯れている頃だろう。あれは最後の春、Tは美術館の庭に椅子を置き、咲き誇る白薔薇の前に私を立たせた。私はひかりの中でほがらかに唄った。芝生では小さな男の子が跳ねるように拍子をとっていた。あれはまことに幸せな春だった。今夜はあの子の利発そうな目を思い出しながら眠ろう。
 カチッと尖った音がして目が覚めた。鍵が開いたのだ。蛍光灯の光に埃がきらきらと輝く。青年は私をやさしく抱き起こし、確かめるように撫でた。しなやかな指が首すじに触れ、私はあの春の庭を思いだす。
 チェリストの青年はチェロをケースに戻すと、職員に深く頭を下げた。
「ありがとうございました。これで祖父の鍵の謎が解けました」
「十五年ものあいだ倉庫にあったのに、誰も気付かなかったのが不思議です。御祖父様は、なぜ楽器を隠していたのでしょう」
「さあ…」
青年は利発そうな目を細めて微笑んだ。

********

■美術館館長Tが遺したる小さな鍵についての話/石川美南

白薔薇の前で

 私は百五十年生きている。最後にTが訪れてもう五年経つが、Tが愛した肌の艶も、なめらかな曲線も昔のままだ。実直さだけが取り柄のTは小さな美術館の館長だった。Tに家庭があるのは知っていた。いつかは終わりがくることも。
 鍵穴から夜半の風が吹き込み、首すじを冷やす。Tが植えた薔薇も枯れている頃だろう。毎年、五月に妻と子どもは田舎へ行く。Tは庭に椅子を置き、芳しい白薔薇の前で私を抱いた。Tは一度も愛していると言わなかったが、私は知っていた。首すじをすべる指、激しい鼓動、眉間の皺。思い出すと申し訳ない気持ちになる。私はTを一度も愛したことがなかったのに。
 カチッと尖った音がして目が覚めた。鍵が開いたのだ。窓からの陽に埃がきらきらと輝く。若者は私を抱き起こして、確かめるように体を撫でた。力強い指が首すじを圧し、私は思わず声をあげる。
「売っていただけますか」
チェリストの若者は私をケースに戻すと、目を輝かせてそう言った。
「ええ」
年老いた女が頷く。この女に私の価値など判るはずがない。家にある絵がすべて偽物だということにも気付いていないのだから。
 私は百五十年生きてきた。いとしい人に抱かれ、綺麗な声で唄うために。

********

■午前二時のロビーに集ふ六人の五人に影が無かつた話/石川美南

回転ドア

 死が近づくと人の顔は変わるものだなあ。僕は五十歳になったばかりとは思えないほど老けた妻と、やけに若々しい彼女の同級生たちを見比べていた。
 妻の舌に潰瘍ができたのは二カ月ほど前。買ってきたオレンジをわたすと、悲しい顔で「食べられないの」と言った。一週間後にはハーゲンダッツが食べられなくなり、淹れたてのコーヒーが飲めなくなった。
 妻が懐かしい友人たちに会いたいと言うので、僕は賛成した。「一緒に行ってくれる?」と妻は僕の目をまっすぐ見て言った。僕は、反対しなかった。
 四十代にしか見えないキヨコさん。ほっそりしたタカコさん。少女のようなユキコさん。みんなは懐石料理を堪能し、妻は茶碗蒸しをよく冷ましてゆっくり食べた。ホテルのバーで軽く飲み、ロビーのソファでまた話し込む。日付が変わる頃、回転ドアが動いて、ふっくらした中年の女の人が現れた。一番の親友のチカちゃんが駆けつけてくれたのだ。
 近況報告が一段落すると、チカちゃんがすっと立ち上がった。
「ごめんね。わたし、戻らなくちゃ」
彼女の足元からのびた淡い影が、みるみる濃くなっていく。
 午前二時、僕たちは回転ドアに吸い込まれてゆくチカちゃんに、「またね」と手を振った。

********
[PR]
by hasumi-kuno | 2015-11-19 00:03 | 短歌 | Comments(0)

題詠blog2015に参加します

今年も題詠blogに参加します。
イベント終了まで一カ月を切ってます。
でも、早めに参加表明してもやっぱりこうなる気はします。

題詠用のブログはこちら。

よろしくお願いします。
[PR]
by hasumi-kuno | 2015-11-02 12:46 | 短歌 | Comments(0)
7月18日土曜日、「岡山ブンゲイリーディング」という朗読イベントに参加しました。
http://blog.goo.ne.jp/okayamareading

どうしても裏方気質が抜けないので、助っ人として
高校の同級生の戒能哲雄​くんにチェロを弾いていただくことにしました。
短歌のイメージにあう曲を選んでもらい、曲に合わせて手直しをするというコラボレーション。
戒能くんは打ち合わせの段階からいろいろアイデアを出してくれました。
会場で配るテキストペーパーに「楽譜を入れたいな」というので
「蛇腹折りにしよう!」というふうに、お互いの思いつきを形にしていくのも楽しかったです。
楽譜の作成も戒能くんがやってくれました。
二日前に永瀬清子の詩「松」を追加しても、ちゃんと曲を用意してくれて感謝しています。

このイベントの主催者は、歌人の大木はちさん。
持ち時間は1組10分で、基本は自作のなにかを朗読…でもまあ、なんでもあり(笑)
短歌、俳句、詩、散文、音楽や写真とのコラボ、弾き語り、会話劇など、盛りだくさんで
「ブンゲイって楽しい、表現って楽しい」と思えるイベントでした。
「みんな楽しそうだから、わたしも読みます!」という方がいたのはその証拠。
打ち上げでは会話劇をやったユカリーヌさんと演劇の話で盛り上がりました。
会場のKAMPというゲストハウスも、周辺の奉還町商店街も、良い雰囲気でした。
はちさん、出演者のみなさん、観客のみなさん、
応援してくださったみなさん、ありがとうございました。

☆ステージ写真を撮ってくださったのは、未来の大谷真紀子さんです。
a0011671_15304352.jpg
会場でお渡ししたテキストペーパーのデザインは、
フリーペーパー「谷は欠ける」「月に非ず」と同じ方にお願いしました。
ブルーの文字が雨のように降ってくる、美しいデザインです。

a0011671_15322357.jpg
a0011671_15331462.jpg
文字は雨 楽譜は小川 うつくしい時を記した紙束を抱く/久野はすみ
                           「奉還町ブックフェアあるいはレリジオーソ」

[PR]
by hasumi-kuno | 2015-08-01 01:52 | 短歌 | Comments(2)
今回のテーマは怪談短歌。
でも、あんまり怖くないです。

ブログタイトル「ぺんぺん100%」
http://penpen100.exblog.jp/
[PR]
by hasumi-kuno | 2013-11-03 08:47 | 短歌 | Comments(0)
「最寄り駅まで送りますよ」というボスの好意を素直に受けておけば良かったのだ。
伊丹駅でモタモタし、快速をのがすという大失態。
遅れて部屋に入っていくと「ああ、久野さん、忘年会に来はったん」と言われる。やっぱり久野といえば酒?(汗)

歌は17首、4首選。
なごやかだけど批評はきっぱりしていて、とても気持ちのいい歌会だった。
批評の中での発見、多々。
やけくそ的な勢いのある歌がベテランの方の作品だったりして、みんなチャレンジャーだなあ。

印象に残ったのは、「おり」は生々しい、四句の気持ちになる、「涕」は低いほうへ流れる、我は吾より強し、イツミキトテカ、時雨はマスなど。
いきなり荒城の月を歌いだす吉野さんがラブリーだった。

久野の歌は6票。意味の取りづらさと結句の不全感が問題。

そして結局、忘年会にも参加させていただくことに(笑)
いろいろなお話を聞いて、のろまな亀にもさすがにやる気スイッチが入る。
さめないうちに叩かねば…。

コストコ、IKEAを荒らしていた本隊に三宮でキャッチされ、淡路島経由で四国へ。
帰りは鳥肌実を子守歌に気持ちよくうとうとして、深夜12時半に帰宅。
新淀川歌会のみなさま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

拒みつつふれようとする冬の日の柳は深く息をしずめて/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-12-25 23:00 | 短歌 | Comments(0)
東京の歌人さんたちの忘年歌会にエア参加させていただきました。
歌会の様子をTwitterでつぶやいてくださったので
エアでもとても楽しかったです。
リアルご参加のみなさま、ありがとうございました。

ガチャピンの顔をぴったり貼り付けて静かに朝のお茶をそそぎぬ/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-12-25 19:08 | 短歌 | Comments(0)
ひさしぶりの松山歌会は題詠、お題は「えらぶ」。
表記自由、言葉を読み込まなくてもOKというゆるいものだ。 

参加者4名、歌は5首。
こぢんまりと、アート系ブックカフェで飲み食いしながらの忘年歌会。
今回は正選1票、逆選1票を入れることになったが、どの歌もあまり傷がなく、逆選に苦労した。
わたしの歌は3票。ただし2票が逆選(笑)
うまいだろうという顔が見える、と光一郎さん。 それって、どや顔?
わたしも光一郎さんの歌を逆選でとっていたので、せいいっぱい逆襲しておいた。
今回の話題は 『侏儒の言葉』、男の蒸発願望、大根は里芋にかえられるか、ちりめんから小さいイカを取り出す機械についてなど。
歌会のあとは、なぜかイノシシの話でもりあがった。

帰り際、曽根さんが「ブーツ、見せてくださいね」とにっこり笑った。
すみません、買ったのは1000円の偽ムートンブーツなんですよ…。

出奔のさいにはきたきものという基準で選ぶ春のブーツは/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-12-25 18:42 | 短歌 | Comments(0)

「100年後の啄木」

歌の仲間がみんな偉くみえる今日この頃。
そんなときだからこそ行くべきではなかろうか、と、
6月10日の日曜日、京都日帰りツアーを強行。

JRの阪神往復切符は大阪駅までのもの。
行きはそのまま新幹線で京都駅まで乗り越し、タクシーで会場へ。
タクシーの運転手さんが女性で話がはずむ。
「タクシーに乗るようになってまだ一年ほど。楽しくてしょうがないんです。
お客様とはまさに一期一会ですから」と言う。
「もし時間があるなら、会場の近くに壬生寺がありますよ」と教えてくれた。
「途中にきんつば屋さんが二軒あるから、
くれぐれも小さい汚いほうのお店で買ってくださいね」
と念を押されて降りる。

突然の京都行きだったが、
ありがたいことに木更津啓さんがランチにつきあってくれることに。
まだ時間も早かったので、一緒に壬生寺をひやかし、
言われたとおり、小さくて汚いほうの店できんつばを購入。
(注:この店が汚いわけではなく、もう一軒がとてもきれいなのだった)
ほのぼのしたお店の名前は「幸福堂」という。

啓さんに連れて行ってもらったお店が、これまた、かなりユニーク。
店の前にはロボットがいるし、中は居酒屋だか喫茶店だかわからない雰囲気だし。
でも、やさしそうなおじさんとおばさんが、にっこり笑って出迎えてくれる。
私はオムライスのクリームコロッケ添えを注文。
「ボリューム、すごいですよ」と事前に聞いていたにもかかわらず
でてきた皿を見て思わず笑ってしまった。
それでいて、味はちゃんとした洋食屋さんのレベルだから驚く。
啓さんの頼んだとんかつも一切れいただいたけど
かなり厚みがあるのに、とってもジューシー。
生ビールの小はふつうの中ジョッキだし(すみません、飲みました)
「だいこんのはな」といいます。

さて、忘れちゃいけない京都行きの目的、現代歌人集会の春季大会。
テーマは「100年後の啄木」であります。
大辻隆弘さんの基調講演は、啄木の歌の転換期と奇跡の三週間について。
続く関川夏央さんの講演のキーワードは「多重債務者」(笑)
歌人とは違う、歴史や経済からのアプローチとプロの話術を堪能した。
休憩を挟んで、パネルディスカッション。
パネラーそれぞれの主張が明確でありながら平行線にならず
聞いていてとても面白かった。
進行の島田幸典さん、パネラーの岩尾淳子さん、松村正直さん、斉藤斎藤さん
みなさんさすがです。
前日あまり眠れなかったのに、最初から最後までまったく眠くならず、大満足。
さらに林和清さんのまとめにうっとり聞きほれる。

帰りは中・四国組にくっついていれば安心…と思いきや
唐津いづみさんとやすたけまりさんは京都駅へ
山吹明日香さんは私鉄を乗り継いで大阪駅へ行くと言う。
えーと、わたしどうすれば…。
「久野さんは大阪へ行ってください。ビール2杯分うきますから」と唐津さん。
言われたとおり、大阪駅でアンティーク着物がよくお似合いの山吹さん(は、ソフトドリンクだったけど)とビール。
アタフタと新幹線に駆け込むと、京都駅から乗っていた唐津さんが
すでに自由席を2席、確保してくれていた(京都のお土産までいただき、ただただ感動)
その後も唐津さんのおかげで迷うことなく海を越え、無事帰宅。
みなさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m

あの男ろくでなしやなと思いつつ京の都に買う甘きもの  久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-06-24 11:33 | 短歌 | Comments(0)
椿さんが終わったのにやたら寒い。
昨日は松山歌会だった。
東予から来ている秋川さんは
途中の峠が雪で大変だったそうだ。

参加者5人で歌は6首。
あたらなきゃいいなあと思っていた歌があたってしまい、
しばらく考えこんでしまった。
で、「これはAKB48の歌だと思いました」と正直に話す。
作った人はそのつもりじゃないだろうけど、と内心思いつつ。
そうしたら、光一郎さんもAKBだと思ったというので驚いた(笑)
最高点はまたしても唐津さん。
情感を実景がささえる、いい歌でした。
わたしの歌は夢落ちの弱さを指摘されるかなと思ったら
そこは大丈夫だったみたい。
結句の「きざむ」が怖すぎると曽根さん。
わたしも怖いです。

海まわりの道で帰る秋川さんを見送って、4人で食事。
ロープウェー街の草草で体に良さそうなものをたっぷりいただく。
a0011671_2124315.jpg


面白かったのは「甘とろ豚のチョコレート炒め伊予柑添え」。
意外とスパイスがきいていて、
口に入れるとふわっとチョコレートの香りがする。
ほかに「さつまいもスティックのマスカルポーネ乗せ」とか
「野菜のバーニャカウダ」とか、とにかく野菜ラブ。
仕事の繁忙期+一週間まえにかかった風邪のせいで
ここんとこ、ろくなものを食べてなかったのだ。
いきかえるー。

歌会を忘れていた米ちゃんを呼び出し、二次会へ。
詠草一覧をわたす。
「これ、AKBのことかな」
なに?米ちゃんも!
もうAKBの歌でいいじゃん、作者さん(笑)

松山歌会にだした久野の歌

パティシエはふゆの苺を薄切りにわたしは夢におゆびをきざむ
[PR]
by hasumi-kuno | 2012-02-19 20:40 | 短歌 | Comments(2)
12月10日、松山歌会でした。

杉田さん、秋川さんもいらして出席者6名、詠草は7首。
二時間ほどかけて、ひとつひとつじっくり読む。
鍵、丸、山のかっこの使い分けや
上と下の関連のつけかたなど。
それから、男女の好みの違いについて、
以前「五千の桜」と「数千の桜」で
意見が割れたという話がおもしろかった。
男性が五千、女性が数千だったとか。

杉田さんの評は論理的で分かりやすく、気持ちがいい。
杉田さんと詠草のみ参加のひとが高得点をさらう。

軽く「遊子」の合評。
エロスと愛について。
読む人をどきどきさせるって素敵だなあ。

場所をかえて食事して、行けなかった内田樹先生の講演の話など聞く。
まだ場所をかえて、米ちゃんを呼び出して飲む。

わたしの歌は女性には好評だった。
試しに推敲前のものを見せると
男性陣はそちらのほうがいいと言う。
そーかなあ。どーかなあ。

蓮の花あめにうたれているあした結びなおしてまたほどきゆく/久野はすみ

推敲前
蓮の花あめにうたれている朝つなぎなおした手をまたはなす
[PR]
by hasumi-kuno | 2011-12-24 11:04 | 短歌 | Comments(0)