ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

松山の劇団無限蒸気社が
東京国際芸術祭 リージョナルシアター・シリーズに出品します。
抒情性のあるオリジナル作品で人気を集めており、
キャスト、スタッフともにプロ意識を持ってがんばっている集団です。
久野のイチオシですので、関東在住の方にもぜひ観ていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

東京公演 3月2日・3日 池袋・東京芸術劇場
詳細は無限蒸気社まで こちら

※しばらくこの記事をトップにします。日記ぼちぼち更新してます。
※この記事にいただいたコメントとトラックバックを消してしまいました。
 美里さん、ビール党さん、申し訳ありませんでした。また来てくださいね!
 なお、新しいコメントとトラックバックはこの記事以外にお願いします。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-25 03:01

2月24日 天地人

選句などで使われる「天地人」という言葉を眺め
人は天や地の下なのだよなあとあらためて思う。
天や地を感じたい。
旅のプランを入力しながら(そんな仕事もやってます)
どこかへ行きたいと思う春です。

「すわ」ってなんですか?と訊かれる。
「すわ一大事」なんて近頃はあまり言わないのか。
どこかで使ってみたいと思う「すわ」です。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-25 02:58 | 日記

2月23日 停電

「今日は停電だよ」と長男。
お知らせには24日0時30分から4時30分までとある。
てことは、まあ、今日ですね。
「今夜はパソコンできないから気をつけてね」
あ、はい。(どっちが親だか)

懐中電燈を用意して、スイッチの確認などしていたら
時間きっちりに茶の間の電気が消えた。
停電だとファンヒーターもつかないわけで
ふとんをかぶって寝てしまう。
朝、起きたら茶の間の電気が煌煌とついていて
ちょっと恥ずかしかった。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-25 02:57 | 日記
短歌同人誌「遊子(ゆうし)」が刷りあがったというメールをいただく。
週末に発送作業をするという。早く見たい。

編集長とTさんはお休み。
手洗いうがい手洗いうがい・・・。

バザーで気を使い過ぎたのか
いろんなことを先送りにしているせいか
ここ数日、神経がざらついて睡眠の質が悪い。
日光を浴びてないせいかもと思って
昼休みにコンビニまで散歩した。
青空、ひさしぶり。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-23 00:31 | 日記

2月21日 はさみうち

先週、編集長がダウンしていたと思ったら
今日はTさんがインフルエンザでお休み。
デスクは編集長、わたし、Tさんの順で並んでいる。
予防注射はしていない。

「キンチョールでもまいとけば?」とパートのIさん。
キンチョール?

気のせいかもしれないが
みんな用事を済ますとそそくさと去っていく。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-22 23:57 | 日記
日記に書こうと思ったいくつかのことさえ
すっかり忘れてしまっている。

火曜日、次男がちょっとした事件を起こした。
学童保育を無断でさぼり
友達と校区外の大型スーパーに行こうとしたのだ。
M先生の電話の声がいつもより厳しい。
「本当はあなたも呼びつけて怒らなきゃいけないんだけど。
 きつく叱っておきましたからね」
そしてふっと声をやわらげておっしゃった。
「でもね、成長するってこういうことなのよ、おかあさん」

先生方には本当に迷惑をかけてしまったのだが
自転車で逃げていく3人の悪ガキを想像すると
怒るつもりがつい笑ってしまう。
スーパーへの道だってよくわかってないくせに無謀なやつらだ。
とにかく、無事でよかった。

木曜日は長男の参観日だった。
授業はくぎ打ち(技術)。

土曜日は次男の参観とPTAのバザー。
シフォンケーキを2ホール焼いた。
おかげさまで学童保育の手作りケーキは完売。
これで保護者会会長としての行事は
3月のもちつき大会だけになった。

図書館の本を2冊読み、レンタルDVDで映画を2本見た。
そういう時間が過ごせるのは心底ありがたいと思う。

そういえば、月曜日はバレンタインデーだった。
不覚。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-22 01:02 | 日記
「外より寒いですよ」と言われていたのだが、これほどとは。
スタッフが真っ赤なひざかけを貸してくれた。

倉庫を改造したアトリエは
テント芝居や小劇場ブームを経験した身には
懐かしさただよう涙ものの空間だ。

劇団無限蒸気社公演「BARBER ORCHESTRA」。
奥行きを感じさせる装置が秀逸。
ノイズ、肉体、灰色のニュースペーパー。
記憶と忘却をキーワードに錯綜するエピソード。
 
 ―これは、だれの記憶なのか―

吸い込まれるような感覚のあと
不思議な余韻が残った。

☆☆
劇団無限蒸気社は松山公演の感想をもとに
さらに磨きをかけて東京進出の予定だそうです。
関東地方のみなさま、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-17 09:09 | 日記

2月11日 遅刻

すごーく早く来たり、ちょっと遅れたり
そういうやつが一番いかんと師匠に言われたことがあります。
そんなに早く来なくてもいいから
いつも同じ時間に来るやつのほうが信用できると。
そのとおりだと思うのですが・・・。
いつも遅刻ってのは、もちろん最悪ですね。
気合。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-17 08:50 | 日記

2月10日 覆面ランナー

ルール違反なのでぜったいやりませんけど
もし、題詠マラソンに別の名前で出走したらどうだろう。
蓮眠とかHA☆SUMIとかくーちゃんとか・・・ちょっと楽しそう。
本名で出たらどうだろう。
「戒名みたいな名前」と言ったのは角田純さん。
名前と作風とのギャップは否めない。
想像だけで、どっちもやりませんけど。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-11 14:00 | 日記

2月9日 出せない

定時に会社を出て、ちょっとだけビリヤード場へ。
めずらしく「一緒に撞きませんか」と誘われて、30分ほどナインボール。
あきれるほど手球が出せない。
下手というよりは、むしろ頭が悪い。というか、何も考えてない。
もっというと、どう考えたらいいのかもわからない。
何事もひとりではうまくならないと痛感する。

いや、それよりもうひとつ
まだ出せてないものがあるのだった・・・急げ!
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-02-11 09:38 | 日記