ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12月28日 仕事納め

大掃除&仕事納めの一日、だが、
2月1日発行の次号の校正がピークである。

わが社の大掃除は一斉にスタートするのではなく
各部門が勝手に初めて勝手に終了するスタイル。
たしかに掃除どころじゃない部門もあるわけで
開け放たれた窓から寒風が吹き込む中、
販売担当者は黙々と伝票処理をこなす。
わたしたちのチームも、掃除機の音が響く中、
ぎゅっと赤ペンを握りしめていた。
「俺の正月は、旧正月だ」とデザイナーのHさん。
わたしは今日で仕事納めだが
編集長とHさんの作業はまだまだつづく。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-29 11:44 | 日記 | Comments(0)
昨日はブッシュ・ド・ノエルに挑戦。
アーモンドプードル入りのさっくり生地に
ガナッシュを塗ってくるりと巻く。
仕上げのクリームがうまく塗れなくて苦戦していると
ゴツゴツした木の皮みたいでいいじゃん、と息子に言われる。
たしかに。
でも、完璧とはいいがたいので、いずれ再挑戦したい。

今日は、あることについてずっと考えている。
形は見えてきたのだが、材料がまだそろってない感じ。
いまからそろえられるだろうか。

風邪はだいぶよくなったが、仕事も忙しくなってきた。
また何もかもたなあげにして新しい年を迎えてしまいそう・・・。
しっかりしなきゃ。

聖夜ひとつの不純を抱いて歩みたればどの窓も暖かき窓なり 久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-25 21:20 | 日記 | Comments(0)

12月11日 批評会

大阪日帰りでした。
行く前から風邪ぎみだったのですが
帰ってからこじらせてしまい、
メールのお返事など遅れております。
ごめんなさい。
批評会の日記も、少々お待ちください。

あまりにハスキーな声なので
しゃべるたびにみんなが困ったように笑うのです。
「ごっつぁんです」って言ってみたら
ばっちりでした。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-15 00:58 | 日記 | Comments(0)

*批評会のお知らせ*

東京は盛会だったようですね。
大阪も論客がそろっており、とても楽しみです。
みなさま、ぜひお越しくださいませ!
==========================
角田純『海境』 資延英樹『抒情装置』 合同批評会のご案内
==========================
◆大阪◆
【日時】平成17年12月11日(日)
    批評会13時~17時
    懇親会17時30分~
【会場】大阪ガーデンパレス
    大阪府大阪市淀川区西宮原1-3-35
    TEL 06-6396-6211
【パネラー】 香川ヒサ 魚村晋太郎 西之原一貴 大辻隆弘
       小林久美子(司会)
【会費】批評会 1,500円 /懇親会 5,000円
【申し込み】渋田育子 pinknosaru@hotmail.com
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-06 00:51

12月5日 初めての味

今日はどんでもないものを食べてしまいました。
北海道のおみやげで、ものすご~く売れてるらしいんですが
あれはいけません。
口に入れたことを後悔します。
とんでもないです。
どれだけとんでもないか知りたいとか思って
うっかり食べてしまったとしても
一箱完食はとうてい無理だと思います。
一個でもキツかったです。
うわ~、思い出して口の中がいやな感じになってきた。

ジンギスカンキャラメル。
おそろしいおみやげがあったもんだ。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-06 00:42 | 日記 | Comments(7)
歳末のデパートのざわめきの中で、
上品な赤のロングコートの女性が目に留まった。
豊かな銀色の髪を黒いベルベットのバレッタで束ねている。
そばに寄りそう男性の髪も銀色。
ゆったりしたベージュのコートを着て
女性のコートとおそろいの、赤のハンチングをかぶっている。

そこだけが、特別な季節の幸福感にみちているようだった。
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-06 00:25 | 日記 | Comments(0)
角川『短歌』12月号購入。
「結社賞を鑑賞する」という特集に、未来賞の最近の受賞者として
光一郎さん、角田さん、資延さん、わたしも紹介されている。
ありがたいことだ。
でも、その後の自分を思うと恥ずかしいかぎり・・・。
そこで次に目を通したのが
「作歌の壁にぶつかった時、この短歌に学べ!」という特集。
読んでますます恥じ入る。
こどものころ「おんびき飛んでも休みが長い」と言われたもんだけど
ますますひどくなっている。
ひとまず壁にはりついてみるかな。

※おんびき=かえる
[PR]
by hasumi-kuno | 2005-12-05 02:55 | 日記 | Comments(0)