ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月21日 松山歌会の日

今年初めての歌会ということで、おめでたい題をいただいた。
松・竹・梅のどれかひとつを漢字で詠み込むこと。二つ以上も可。
やはりいちばん多かったのは梅だった。
蝋梅、紅梅の蕾、梅林の香・・・うつくしいなあ。
蝋梅のロウはこの字体だと蛸に見える、なんて話も織り交ぜつつ
松も竹もちゃんとそろってにぎやかな歌会だった。
わたしは松竹梅の漢字をすべて入れようと思いつき
歌の内容はそっちのけで楽しませていただいた。

ある歌についてとても感じるところがあり
これがもし女性の歌なら
手を取って「わかるわかる」と言ってあげたい・・・
と、いつになく力説してしまったのだが
作者が栄三くんだったので手を取り合って泣くに至らず。

食事は魚介のうまい「烏賊や」。
みんなで食べればたのしいイカスミパスタなどなど。
何時に帰宅したかはきかないでください。

梅の実のゆれる木の間をくぐりぬけあなたの窓へ答えをはこぶ/久野はすみ

Q 松と竹はどこにあるでしょう。 ヒント IQサプリ
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-30 23:29
トラックバックのテストです。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-30 22:48
年末に五十嵐きよみさんの掲示板を読んで気になっていたことが
日曜日にはっきりした。
題詠マラソン給水所に、今年の題詠マラソンの休止と
新たな企画として「題詠100首blog」の発表があったのだ。
おおお、さすがです、五十嵐さん。
ブログ借りててよかった。
企画の開始は2月1日から。
さあ、歌人のみなさん、ブロガーになりましょう。
ええと、トラックバックってどうやるんだっけ・・・。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-20 03:46

1月16日 いただきました

今日、未来短歌会から表彰状が届いた。
本当は新年会でいただくべきものなのに、行けなかったので・・・。
なんと、評論賞である。(汗)
今年は3人同時受賞で、松原未知子さんと秋山律子さんと私。
しかも秋山さんと同じ「河野愛子」だったのに
よく入れたもんだ、とつくづく。
(評論賞は毎回テーマがあり、このたびは歌人論だった)
さっそく副賞を家族におすそわけしておく。
どうか今後もおめこぼし願います。(賄賂?)
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-17 06:31 | 日記

1月15日 向いてないかも

最終校正の時期に必ず思うのは「わたしって、節穴・・・」。
この仕事、向いてないかも、と、へこむことへこむこと。
でも、それも先週で終わり、あとはできあがりを待つだけとなった。
今日、気分転換にやってみた適性・適職診断の結果は

  適職は編集者、校正者、コピーライター。

んー。なぐさめてくれてありがとうって感じですか。
別の診断では

  あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は
  『夢見る』 気質です。


ほぉーーーと、ちょっと元気に。
ところで、いろいろと気になることがあるせいか
このごろおかしな夢ばかり見る。
今日は食器洗浄機に食器をうまくおさめようとして
ひどく悩んでいる夢を見た。リアルすぎ。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-15 21:19 | 日記
今年もよろしくお願いします。
と今頃ようやく書いてるなんて
去年のダメっぷりをみごとに引きずっている。

年末は掃除と買い物でおわってしまい、
正月休みは年賀状を書いただけでおわってしまった。
会社の人から海外旅行のおみやげをいただいて、
そういう過ごし方もあるんだ~としばし呆然とする。

それでも、年末、ひさしぶりに連作ができた。
GajA次号の、とあるページがヒントになった。
背の高いTさん、ありがとう。

明後日(9日)は未来の新年会である。
出席したかったのだが、諸事情で断念。
かなしい・・・。
角田さん、パネラー頑張ってください。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-01-08 00:28 | 日記