ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月22日 明石原人

火曜日は運動会のため欠勤。つまり今週は三日しか働いていない。間に合わないよーと悲鳴をあげつつ、はや金曜日。
市民劇場の例会で、劇団民藝の「明石原人~ある夫婦の物語~」を見る。明石原人骨化石の発見者・直良信夫と妻・音の生涯を描いた伝記劇。タイトルが地味なのであまり期待していなかったのだが、面白かった。アマチュア考古学者であった信夫が明石で発掘した人骨は、さまざまな壁に阻まれ日の目を見ないばかりか、空襲で灰となってしまう・・・。学歴の壁、戦争と歴史、夢に伴う犠牲などの問題を含みつつ、全体はからっと明るい。もと先生(音)と教え子(信夫)という夫婦のやりとりも楽しい。主役の二人はもちろん、すべての役がいきいきしていて、新劇の底力を感じた。ただ、火にかかった鉄瓶を素手で持つのはちょっと。
その後、会社の人たちの飲み会に合流。「地産地消」のお店で地鶏や地ベーコン(?)や地卵の玉子焼きなどと地酒をいただく。朝、冷蔵庫の中に卵のパックを発見。お店の人にもらったことを思いだすまで10秒ぐらいかかった。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-09-24 04:35 | 日記 | Comments(2)

9月18日 近況など

台風一過の青空。とくに被害はありません。

「UDON」5日~10日
東京から帰ってからの一週間は疲れがとれず、仕事中も座るとうっかり寝てしまいそうで困った。そして、あっという間に金曜日。仕事上の理由もあり、レイトショーで「UDON」を見る。「踊る」のブームは、ビリヤード場のバイト仲間から教わった。「サトラレ」は安藤くんが出ているので当然見ている。本広監督の映画は戦争ごっこの好きな男の子を思いださせる。「いつまでたっても子どもなんだから!」とか言いながら、許してしまう感じ。舞台はお隣の香川県だし、タウン誌の話だし、秘法の木場さんは出てるし、いろいろ楽しめた。パンフレットも笑える。脚本は、むかし第三舞台にいた戸田山さん。公式ブログによると映画にも出ていたようなのだが、見つけられなかった。DVDまでのお楽しみ。週末、スキをみてちょっぴり球撞き。

「UNDOKAI」10日~17日
月曜日、仕事帰りに書評係の打ち合わせ。あとは毎日お仕事。つみほろぼしに、ちょっと真面目に料理などして。短歌関係のもろもろが進まずあせる。土曜の夜は女神輿の打ち合わせ。その後の飲みを断って帰ったにも関わらず、ついうとうと。目がさめてから猛ダッシュ(?)。途中、町内の清掃作業に二時間ほど参加して、またダッシュ。頭をからっぽにしたくて、夜はずっとビデオを見ていた。遅まきながら「木更津キャッツアイ」を大人借り。旧作1本105円はありがたい。台風のため、17日だった運動会が19日に延期になった。今日は約束のない休日。少しは前に進めるかな。
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-09-18 16:06 | 日記 | Comments(0)

西へ

戻ってまいりました。
未来大会関係者の方、おつかれさまでした。
来年はなんと松山で未来の大会があります。たくさん来ていただけるといいなあ。準備がんばります。(あ、歌も。原稿も・・・)
[PR]
by hasumi-kuno | 2006-09-04 20:46 | 日記 | Comments(2)