ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

浅田祭り

だらだら過ごした週末に読んでいたのは
パート仲間のマダムNから貸りた浅田次郎の『きんぴか』。
だいぶ前に『プリズンホテル』全4巻を貸してくれて
「おもしろかった!」と言うと「じゃあ、次はこれ」、と。
ところがそのあとなかなか読む時間、いや気力がなかった。

『プリズンホテル』はボロボロ泣きながら読んだが(変?)
『きんぴか』はげらげら笑ってオチに感心。
『きんぴか3』が終わったら短編集『鉄道員』と
しばらくは浅田次郎祭り。

『鉄道員』の映画はレンタルで見た。
安藤がごくふつうの青年役で出ている貴重な映画なので。
ああいう話ばっかりかと思ったら
本当は『きんぴか』や『プリズンホテル』が先なんですね。
『プリズンホテル』も映画化してほしいものです。

そんなことより、題詠。。。
あと3日で30首??
それなのにお題を読み間違えたりしている。
籍と藉・・・ああはずかしい。
この歌は間違えたほう。

花でなく紙を散らして狼藉の一日はつつがなく暮れてゆく/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-10-29 01:18 | 日記 | Comments(0)

だらだら過ごす

ここしばらくは3ヶ月に1度の仕事の繁忙期だった。
それも明日の発送作業で終わる(これがけっこうたいへん)。

昨夜は女みこしの打ち上げで
しこたま食べて飲んでしゃべって笑って
今日はしっかり二日酔い。
明日にそなえて、と自分に言い訳してだらだら過ごす。
NG集のビデオを見て脱力するほど笑ったり、小説を読んだり
長男が作ったかぼちゃのチーズケーキを食べたり。

今回のケーキ作りはいっさい手伝わず。
「なんでケーキ焼くの?」ときくと
「友だちが遊びに来るから。ハロウィンだしね」と言う。
そして、えらく楽しそうなのである。
片付けまでちゃんとしてあるところがえらい。
材料費はちゃっかり母持ちだが、美味しかったから許す。

明日の発送が終わったら、題詠が待っている。
まだ30首も残ってるってば(汗)。

お題069:呼吸

呼吸するマングローブの根のように強く醜い今日のわたしは/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-10-27 02:28 | 日記 | Comments(0)
(下の日記のつづき)
宮出しを見てから、出勤のための準備。

化粧をしようと鏡を見ておどろいた。
ゆうべ髪に吹き付けた真っ赤なスプレーがとれてない!
あわててもう一度シャンプーしたが、あまりに強力でとれない。
なんとか前髪でごまかして出勤。
人に見せるとケガに見えるらしく
「いやー、きのう神輿であばれちゃって」と何人かだます。
(あばれたのは本当だけどケガはしていない)

神輿音頭と笛の音が聞こえる中では
おちおち仕事もしてられない。
宮入が遅れそうとの報告を聞いては
ますますじっとしてられない。
ぎりぎり宮入に間に合う時間に退社。

なんとか宮入には間に合ったが、獅子舞には間に合わず。
次男の獅子頭デビューだったのに、ごめんよ。

そして宮入。
お宮でいかに粘って暴れるかが、おっちゃんたちの腕の見せ所だ。
やんちゃな若い衆と、すっかりできあがったおっちゃんたちのせいで
神輿はかなりヤバイ状態になっていた。
「あんなおっかない神輿に乗れるかよ」と思っていたら
案の定、おっちゃんにつかまって、ほいっと神輿の上に放り上げられた。

ま、乗っちゃったらやるしかない(←アホ)
天下とった気分で思いっきりあおる。
でも、おりたら足ガクガク。

というわけで、今年もたっぷり堪能しました。
やっぱり祭りは最高!
とうぶん引退する気はございません。
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-10-08 00:35 | 日記 | Comments(2)
きのうは定時で仕事を終え、
大急ぎで着替えて女みこしに参加。

今年は神輿の上には乗らないつもりでいた。
そろそろ若い子に譲ってあげなきゃと思っていたし
もうかっこよく飛び乗る自信もなかったし。

でも、けっきょく乗る羽目に(汗)

ひとりではかっこよく飛び乗れなかったけど
上手に補助してもらって、すっと上がれた。
上がったとたんにアドレナリン急上昇、別人格現る。
カメラマンに思いっきりカメラ目線でアピールするわ
隣のみこしに「もてこい!」連発するわ
持ってる扇子は壊すわ、大騒ぎ。

休憩をはさみつつ夜9時まで担きくらべ。
終わったあとは、山の上のお宮まで神輿を返しにいく。
軽トラの荷台に神輿をのせ、数人が
神輿のかき棒に座り(重しのかわり)、細い山道を登る。
荷台に揺られながらほてった肌を風にさらしていると
うれしいようなかなしいような気持ちになる。

神輿を担いで石段をあがり、お宮におさめると
帰りは車に分乗して公民館まで。

打ち上げは12時まで。
今朝はさすがに5時半の宮出しには間に合わず
6時ぐらいにお宮へ行くと
お目当ての獅子舞はもう終わっていた。
[PR]
by hasumi-kuno | 2008-10-08 00:03 | 日記 | Comments(0)