ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

帰ってきたはすみ

「ニッポン全国短歌日和」のホームページでは
ちゃんとフルネームになってました。
どなたか気付いて直してくださったんですね。
感激!!
お気遣いに感謝します。
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-04-27 20:43 | 日記

短歌そして、uta

昨日、NHKBSの「ニッポン全国短歌日和」という
生放送の投稿番組で、審査員賞をいただいた。
しかし、名前が愛媛県の「久野」になっていて
「くの」でなく、「ひさの」と呼ばれていた。
「はすみ」はいったい何処へ・・・?

どうやらメール投稿のさいに
「お名前」と「ふりがな」の欄に「名字」と「なまえ」を入力したらしい。
まったく、わたしらしいというか、アホすぎる~(苦笑)

選者のみなさま、予選担当のみなさま、長時間お疲れ様でした。
推してくださった穂村弘さん、ありがとうございました。

***
夜になって、未来短歌会の中澤系さんの訃報を知る。
ご冥福をお祈りいたします。

3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって
駅前でティッシュを配る人にまた御辞儀をしたよそのシステムに
中澤系第一歌集『uta 0001.txt』より
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-04-26 16:27 | 日記

テレサ・テン

華流の日々はまだつづいていて
仕事も落ち着いたことだしと、レンタルショップへ。
ピーター・チャン監督の「ラブソング」と
ウォン・カーウァイ監督の「2046」を借りて
まずは賛否両論の「2046」から見る。

「花様年華」の続編、といっても、あの息詰まるような感じはなく
終始ぼんやりした印象。
スターたちを贅沢に使っていて
「こんな扱いでいいの?」と心配してしまう(よけいなお世話)。
女たらしになっちゃったトニーさんは、それはそれでステキだし
すさまじく美しいと感じるシーンもある。
でも、なんだかすっきりしない映画だった。

「ラヴソング」はよかった。
10年にわたる男女のすれちがいの話なのに陳腐にならないのは
描写が細やかだからだろう。
淡い感じの映像。
ベースに流れるテレサ・テンの歌。

エリック・ツァン演じるヤクザの親分(?)がよかった。
ハンサムじゃないし、背も低くてコロンとした体形。
でも、ユーモアと包容力を兼ね備えた大人の男なのだ。
そりゃあ、ついていくよなあ、と思ったことでした。
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-04-24 01:24 | 映画・演劇

歩いて帰る

先週の土曜の夜のこと。
中2の息子が「明日なんの日か知っとる?」と言うので
いやな予感を覚えつつ「知らない」と答えた。

「参観日やけん」
「えーーーー!」

先週、先々週は3ヶ月に1度の繁忙期だった。
学校からのお知らせを ちゃんと見てなかったわたしも悪いが
息子も息子だ。

「で、何時から?」
「さあ」
「プリントは??」
「さあ」

参観は午前中だった。
行きは隣人minaちゃんの車に同乗させてもらい
帰りは歩いて帰った。
座りっぱなしの日々から解放されて
歩きたい気分だったのだ。

もう陽射しは夏。雲ひとつない青空。
どの家の庭も草木がツヤツヤと輝いて
田んぼの脇にはすずめのてっぽう。
青と緑がまざりあった
きれいな鳥の名はわからない。

たった10分かそこらだが、楽園のような世界にひたった。
たまには歩くべし、ですね。
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-04-24 01:19 | 日記

ドッキリくらぶ、ほか

ここしばらくで書きそびれたこといくつか。

録画していた中学生日記「非公認・ドッキリくらぶ」を見る。
テンポが良くて何度も声を出して笑った。
お姉ちゃんも弟くんも、ドッキリくらぶの部員たちも
不器用でやさしくて愛すべきキャラクター。
見終わってあったかい気持ちになった。
オチもナイス。

「市街劇人力飛行機ソロモン」の写真&映像展に行く。
市民会館の映像は迫力があり、とても美しかった。
DVDも販売するらしい。

『PLUTO』7巻。号泣。
次もう最終なの?ほんとに?

先週の松山歌会については近々書きます。
この週末はたっぷり休んでおかないと
おそろしい一週間が待っている・・・。

花冷えの四月馬鹿ゆえ選びたるちいさな嘘がまだ降りやまぬ/はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-04-04 12:21 | 日記