ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

遠くからよばれる

昨日の夜は松山歌会だった。

七夕にちなんで「七」を詠み込む、または自由題。
題詠好きのくせにお題のことを忘れていて、くやしい限り。
わたしの歌は、上の句が有名な歌に酷似していると指摘される。
しかし、どなたの歌かはわからず。

歌会のあとはイタリアンの店へ。シキちゃんがいないので、注文がとてももたつく。
「大阪串カツ屋計画」について相談するも、詳しい人がひとりもおらず難航。
その後、バーで軽く一杯。
なぜか夫婦喧嘩の話など。わたしは緑色の紙はまだみたことがない。

以前からそういう傾向はあったのだが、この頃、歌評が平行線で終わることが多い。
理想とするかたちの違いはいたしかたない。
それより反論したくても、自分の勉強不足を思うと及び腰になるのが情けない。
「焦ってるのに何もできない」と受験生の息子がぶつぶつ言ってるが、母も同じだ。
息子よ、宝くじは買わなければ当たらない。
勉強はやらなければ身に付かない。

松山歌会に出した歌。
どなたの歌に似ているか、ご存じの方がいたら教えてくださいませ<(_ _)>

遠くから川によばれているようで閉じてしまえり河童忌の窓/久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-07-26 23:32 | 日記

完さん

24日の朝、演出家の鈴木完一郎さんが亡くなったそうだ。
強烈な個性とパワーをもった方だった。
61歳。
劇団は火が消えたようだろう。

2004年のインタビューがあったのでリンク貼ります。
こちら
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-07-26 12:00 | 日記

大阪恐怖症

18日は新淀川歌会と未来大会の打ち合わせのため、日帰りで大阪へ。

訳あって、前の晩ほとんど寝ていなかったため
特急(アンパンマン列車だった)の指定席に座って30分後にはもう爆睡。
瀬戸大橋の手前で「みんな!もうすぐ瀬戸大橋だよ!」という
アンパンマンの声にたたき起こされる(泣)

東京の人も大阪の人も歩くスピードが速いが
大阪の人は、ぶつかりそうになってもよけてくれない。
・・・というのが、むかし、はじめて大阪に行ったときの印象。
いまでも大阪の人混みはどきどきする。

歌会も緊張する。
人数は多いし、他結社の人もいらっしゃるし、歌もひねったものが多い。
わたしの歌は地味かなと思ったけど、思ったより票をいただいた。
大辻さんに寸評をいただき、ほめられた?と舞い上がる。
しかし「うまい歌」というのは喜んでいいんだろうかと、やや不安になりつつ。

未来大阪大会の打ち合わせは、わいわいがやがやと楽しく終わる。
ひさしぶりに資延さんや、小川さんや、小林さんや、唐津さんにお会いできてよかった。
そして源さん、やっぱりめちゃめちゃキュート。

杉田さんにくっついて新大阪まで移動。
早く着いたので、列車を変更しようと緑の窓口へ。
説明がよくわからず聞き返したら、係の人に「何度も言いますが」と言われる。
まだ二度目だよ・・・?

やっぱり大阪は、こわいよう(泣)
大会では克服出来ますように(祈)
串カツ屋に入れますように(願)

列車内でまたしても爆睡。
よく眠ってすっきりしたので、松山駅に着いてその足で会社の打ち上げに合流。
すでにできあがっていたデザイナー・H氏にほめられたような気がするが
これまた喜んでいいんだろうか?イヤミじゃないのか?と不安になる。
素直に喜んでおくべきか・・・。
[PR]
by hasumi-kuno | 2009-07-20 23:25 | 日記