ぺんぺん草日記 hasumi.exblog.jp

久野はすみの短歌と日記


by hasumi-kuno
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちがう

繁忙期が終わったら見ると宣言していた映画が2本あったのに
なぜかちがう映画を見てしまった。
1本は映画館で「踊る大捜査線3」
もう1本はDVDでジョニー・トー監督の「スリ」。

「踊る」は、やっぱり「踊る」だなあ、という感じ。
いままでに比べると、ストーリーやせりふにハッとする部分が少ないかも。
でも7年経っても、走る青島はかっこいいし、すみれさんはかわいい。
室井さんはシワが増えた?前から?

「スリ」は集団でスリをはたらく4人の男たちの話。
オープニングでやられた。
洒落た音楽、楽しげに裁縫をする男、窓から迷い込む小鳥。
男はスリ集団のリーダー。
4人はいつも同じ店で朝食をとり、仕事をするため街へくりだす。
みごとなチームワークで財布をすりとるシーンはまるでダンスのようだ。
そこに謎の美女が現れて…。

コメディなんだけど、スタイリッシュでノスタルジック。
おっさんたちが馬鹿で、かわいくて、かっこいい。
「エレクション」と同じ監督、主演も同じサイモン・ヤム。
なのに後味はまるでちがう、キュートな映画でした。
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-31 13:05 | 映画・演劇 | Comments(0)

プロジェクトHT

前回の乙女会での、プロジェクトBP(バケツプリン)は大成功。
その席でラブリー編集長が新たなプロジェクトについて言い出したとき
Tねえさんとわたしは顔を見合わせて華麗にスルーした。
しかし、彼女はそんなことでひるむ人ではない。
(ラブリーな見た目は「着ぐるみ」ではないかとさえ言われている)
あきらめた乙女会メンバー(O女史、Tねえさん、わたし)は
O女史の「ちょうど彼女のお誕生日も近いことだしねえ」の一言で
またしても新たなプロジェクトに挑戦することになった。
それは「分厚いホットケーキをたくさん積み上げたい」というもの。
名付けて、プロジェクトHT(ホットケーキタワー)。

材料は市販のホットケーキミックス、卵、牛乳。
ネットで入念にリサーチしたところ
ふっくら焼き上げるにはいくつかのコツがあることがわかった。

・最初に卵を泡立てる
・牛乳は少なめに
・粉をいれたら混ぜすぎない
・熱は均一に
・裏返したらふたをする

a0011671_0124675.jpgさらに厚みを出すために
100均で購入した型を使うことに。
ホットプレートに油を塗った型を置き、余熱する。
固めの生地を流し込み、ふつふつするまでガマン。
泡がいくつか割れるぐらいでひっくり返しふたをする。
最初の4枚は、ため息がでるほど見事なできばえ。

a0011671_0131175.jpgすぐに型を洗って次の4枚にとりかかったが
ここからが大変だった。
生地が型にくっついてうまく取れないのだ。
無理に取り出すと、側面がぼろぼろになってしまう。
型の余熱が足りなかったのか、うまくいかない。
もう細かいことは気にせず、12枚を焼き上げた。
それを積み上げるのが、また一苦労。


a0011671_0291541.jpg順調に11枚まで積み上げたが
12枚目でいきなりタワーがグラリ。
すんでの所で押さえ、いったんばらし、
いろいろ順序を変えて積んでみる。
ラブリー編集長、目が真剣である。燃えている。
なんとかもう一度11枚積み上げたものの、バターをのせると再びグラリ。

a0011671_013278.jpgさすがの編集長もあきらめて、10枚目に角切りバターをのせ
カナダ産のメイプルシロップを慎重にかけて、完成~。
数日前に誕生日を迎えた編集長とタワーを
無事写真におさめることができた。
撮影が終わったホットケーキは
ホットプレートで加熱してアツアツに。
直径8センチのものを各自3枚ずつ、美味しくいただいた。

「つまようじでとめちゃえばもっと積めたかも知れないけど」
とわたしが言いかけると「それは邪道でしょう!」とTねえさん。
そう、そのとおり!

ちなみに今回の本編上映は「鴨川ホルモー」。
笑った~。栗山千明、最高!
プロモーション上映は「フライ,ダディ,フライ」のメイキングと
「天使の涙」の武がブタにマッサージするシーン。

もはや何が目的なのかわからなくなっているこの集まり、
もともとは邦画部、転じて乙女会、いまや大きなものを作る会?
次はジャンボ餃子という意見(もちろん編集長の)もあったが
それはあまりにも乙女らしくないと、釘をさしておいたのだった。
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-26 00:23 | 日記 | Comments(2)

犬島

維新派が見たい。
家族と財布に相談中だが、財布の方がキビシイ模様。
むりかなあ。

上海バンスキングもそうだけど
こういうのは、録画で見てもダメな気がする。
事件だから。

維新派オフィシャルサイト
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-10 09:55 | 映画・演劇 | Comments(0)

「忘れえぬ想い」

ルイス・クー、とりあえず締めの一本。

「忘れえぬ想い」
タイトルからして苦手。どうせ「泣ける映画」とか言うんでしょ
と、後回しにしていたラブストーリー。

まいったなあ…まさか恋愛映画で泣くとは。
それも、さわやかに、気持ちよく泣けたのだ。
この映画、好き!

主演はセシリア・チャンとラウ・チンワン。
監督はプロテージと同じイー・トンシン。
ルイスは友情出演で、冒頭と、回想シーンが数回あるだけ。
興味のある方にはぜひ見てほしいので、詳しくは書かずに我慢します。
古仔イケメン度★★★★★(普通っぽさが逆に新鮮)

というわけで、わりとハズレがなかったルイス・クー祭り。
何より、最後の一本が大当たりでうれしい。
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-07 23:59 | 映画・演劇 | Comments(0)

古天樂まつり2

先日のつづきです。

「プロテージ~偽りの絆~」
麻薬組織への潜入捜査というので、インファナル・アフェア的なものを想像していたら
いい意味で裏切られた。
テーマは重いが、この映画はオススメ!
主演はダニエル・ウーと白髪まじりで渋さを増したアンディ・ラウ。
ヒロインのチャン・チンチューも迫真の演技。
監督イー・トンシン、製作ピーター・チャン。なるほど納得。
古仔イケメン度☆☆☆☆☆(見る影もなく汚いが、それはそれですごい)

「特攻!BAD BOYS」
イーキン、ルイス、クリスティの私立探偵3人組が活躍するアクション+SF映画。
みんな若いー。イーキンは素肌にジャケット。
う~ん、でもこれはやっぱりスー・チーの映画だな(笑)
古仔イケメン度★★★☆☆(ちょっと一本調子)

「天上の剣」
これもイーキンとのコンビ。サモ・ハン、チャン・ツィイーも出ていて豪華。
ツイ・ハーク監督のダイナミックな映像美を堪能。
特に冒頭のセシリア・チャンはこの上なく美しい。
でもなんだか盛りだくさんすぎて、感動ポイントがわからずじまい。
古仔イケメン度★★★★☆(金ぴかかよ!)

あと一つ。
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-07 00:35 | 映画・演劇 | Comments(0)

松山歌会の日

土曜日は松山歌会だった。
杉田さんと秋川さんがいらしてくださったので8人の参加。
ひさしぶりに賑やかでうれしい。

詠草を一読、1首目のあまりのブッ飛び方に思わずふきだす。
気を取り直して2首目は「はやぶさ」の歌。これは、いい。くやしいなあ。
他、ひとひねりある歌、ひとくせある歌、 純情な歌、純情を装った歌など。

松山歌会は主宰のいない歌会だ。
参加者の所属結社は未来が多いが、曽根さんは短歌人、片上先生は無所属。
批評に共通の指針があるわけではない。
1首目の歌に「これをとるのはわたしぐらいだろう」と思いつつ票をいれたが
開けてみると、なんと3票入っていた。
しかし「短歌としては読めなかった」という人もいて
そのギャップは永遠に埋まらないだろう。
「短歌とは何か」について共通の認識がないまま
たった一文字の助詞について、真剣に議論がなされるおかしな世界。
いとおしい。

ちなみに、ブッ飛び歌は秋川さん、はやぶさの歌は曽根さん。
曽根さんの歌世界にはまりそう。

歌会の後は象三にて食事。
レバ刺しのレバーを専務のために特別に串焼きにしてもらう。
専務のためといいつつ曽根さん以外全員便乗(ひとり1本、専務は3本)
なぜかお家モードの米ちゃんに突っ込んだり
杉田さんのコケティッシュな微笑みにくらっときたり。
前日が会社の飲み会で連チャンだったので、二次会は行かずに失礼する。

松山歌会に出した歌。
なんかビミョーな出来なので出してみたら、票も3票と、やっぱりビミョー。

ふくざつにすじなす雲をかきわけて天空カメラとなりたき日暮  久野はすみ
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-05 02:38 | 短歌 | Comments(0)

古天樂まつり1

映画「コネクテッド」以来ひそかに続いていた古天樂(ルイス・クー)ブームが
とうとう終わってしまった(近所の店で借りられるものは、もうないんじゃないかと)
にわか香港映画ファンのわたしには未知の人だったが
モデル出身、ドラマでブレイク、映画やCMに引っぱりだこの人気スターらしい。
そして、やたらと「イケメン俳優」って書かれてる(笑)
以下、覚え書き。
なお、★は映画のオススメ度ではありません。

「恋するブラジャー大作戦(仮)」
女性社員だけの下着メーカーに二人の男性デザイナーが入社、
究極のブラを作るため悪戦苦闘するというお話。
邦題から想像するほどにはバカバカしくない、(意外に深い?)大人のコメディ。
ジジ×ルイスより、カリーナ×ラウ・チンワンのエピソードがいい!
日本の街頭でロケした場面は、爆笑しながらじーんときた。
古仔イケメン度★★★★☆(カラフルなYシャツがよくお似合い)

「エレクション」
組の会長選挙をめぐる内部抗争を描いた香港ノワール。
静かな緊張感、深みのある映像。ときおり奇妙な可笑しみが混じる。
コネクテッドで警官だったニック・チョンが強烈。
ラストの後味の悪さに(←けなしているわけではない)
見終わってすぐ「エレクション2」を借りに行った。
古仔イケメン度★★★★★(出番は少ないが超クール)

「エレクション~死の報復~」
続編(というより後編)はルイスが主役。
前作を越える残酷さに衝撃を受ける。いろんな意味で残酷(泣)
前作を越える後味の悪さに(←けなしているわけではない)
なかなか眠れず、明け方うなされて目が覚めた。
ニック・チョンがかっこいい(あれ?)
古仔イケメン度★★★☆☆
(素敵とか思う余裕なし。。。レストランの場面はちょっとかわいかった)

「プロジェクトBB」
相棒がルイスだというので久々に見たジャッキー・チェン映画。
監督は「コネクテッド」と同じベニー・チャン。
マイケル・ホイ、友情出演のユン・ピョウの他、カメオ出演も豪華。
コメディなので気楽に見られるが、アクションシーンはさすが!
大画面で見たかったなあ。
ルイスの妻役のシャーリーンがキュート。
古仔イケメン度★★★★☆(身体はってます)

続きはまた。
[PR]
by hasumi-kuno | 2010-07-03 11:31 | 映画・演劇 | Comments(0)